沿革

1884年に関東学院の源流となる横浜パプテスト神学校が横浜山手64番に創立され、
1919年に私立中学関東学院が設立されてから100年以上。

イエス・キリストの生き方にならい、自分の持っている力を他者とともに用いる
サーバント・リーダー(ServantLeader)として社会に関わることができる人間を
育成しています。

1884年
横浜山手64番に横浜パプテスト神学校(関東学院の源流)創立。
校長はA.A.ベンネット。
1885年
東京築地居留地42番に東京中学院(関東学院の源流の2) 創立。
院長は渡瀬寅次郎
1889年
東京中学院、東京牛込左内町29番地に移転。
校名を東京学院(中等科、後年中学部)と改称
1917年
米国バプテスト・ミッションは
東京学院を拡張発展させる目的で廃止を決定。
「関東学院」誕生へ
1918年
神奈川県より現在地の払い下げを受ける
1919年
私立中学関東学院の設立が認可。設立者C.B.テンネー、院長坂田祐。
第1学年入学志願者317名の中から入学試験の上146名に入学を許可。
入学式で坂田祐はキリスト教をもって建学の精神とし、
「人になれ 奉仕せよ」を訓辞した
1923年
関東大震災。全施設が損壊
1927年
財団法人関東学院を組織、中学関東学院は、関東学院中学部となる
1929年
中学部本館竣工
1946年
戦災により関東学院中学部、六浦に移転
1947年
新制中学校設立
1948年
新制高等学校設立
1949年
中学校・高等学校 校舎再建により三春台に復帰
1992年
中学校本館が横浜市歴史的建造物に認定される
1995年
高等学校本館竣工
1999年
創立80周年記念礼拝・式典を挙行
2008年
中学校新館竣工
2009年
創立90周年記念礼拝・式典を挙行
2016年
中学校旧本館 耐震診断により解体(復元予定)
2019年
創立100周年記念礼拝・式典を挙行
© 2020 Kanto Gakuin Junior & Senior High School.